TOPに戻る

 

これまで乗ってきた歴代のボート。
昔行ったあちこちを思い出しつつ。
主なボートに簡単なインプレッションをつけて紹介します。

Touring Boats
K-Light from FEATHERCRAFT

2009/4〜

チョイ乗り用として中古で購入。
船足は早くありませんが、
チョイ乗り用なのでこだわりません。

古き良き(?)コーデュラデッキの
ボートでしたが、2012年に溶着スキン
(中古)に換装しました。
コーデュラスキンがあまっているので、
不要なKライトのフレームを絶賛募集中です。
(ゲスト用に2艇体制を目論見中)
15kg以下の軽さと、
10分少々で組みあがる気楽さ、
小さい車にも組んだままカートップできる
手軽さが好きで、
使用頻度が一番高いボートだったりします。


Khatsalano from FEATHERCRAFT

2008/4〜

1995年に存在は知っていたものの
完全なるスラローマーになったため、
入手を見合わせていた逸品。

13年の時を経て、
スラローム新艇2艇分の財を投入し、購入。

後悔?
してません。
長く付き合っていく予定ですので。

お金がたまらないわけですねー (^ ^; )…。


K-2 from FEATHERCRAFT

2007/6〜

競技もひと段落、 と思ったときに
某大学の合宿所で
ごみ同然におかれていた
本艇を発見。

ごみの山からサルベージし
レストアして現役復活させました。

2009年初旬には大幅なレストアを敢行。
デッキを張り替え、
コクピットの形状を最新のものに
あわせてもらいました。

性能はすばらしいのですが、
1人では絶対に運びたくない
超重量級のボートです・・・

K-1 from FEATHERCRAFT

2003/?〜

たまにはツーリングもしたいよなー
と言うことで、スラロームの現役の頃に
中古で購入。

競技艇とちがって、
古くなったからといって
どうというわけではないので
別に良いのですが。。

新しいものと比べると
設計思想の古さは否めず。
新しい艇を手に入れてしまうと、
どうしても そちらばかり乗ってしまいます。
最近はほとんど骨董品として扱われています。
(ちゃんと乗れる状態にはしてありますが)

Ally 611 from BERGANS

2003/?〜

ツーリングもたまにはしたいよなー
と言うことで、中古で購入。

スラロームやっていない友人たちと
川原でバーベキュー
なんかするときに
もって行ったりします。

はじめはおもちゃのでかさに
みなさんあきれていますが、
乗ってもらうと
大体の人が喜んでくれます。

たまに怖がる人もいますが。。
 

HELIOS from GUMOTEX

2000/?〜

アウトドアスポーツ用品店の天井から、
展示品処分!\○○○○○!
と書いてつるされてあったので、
衝動買い。
相当安くなっていた、ということです。

Allyと同じように、
カヌーしたことのない人を
乗せて使うことが多いかな。

ただいま、いとこの家で
子供たちのおもちゃになっているはず。

大人のほうが喜んで乗っているという
うわさも聞きます。。。

K-1& K-2 from FEATHERCRAFT

1995/5〜1998/?

おれはぜったいのんびりツアー派だ!!
と思ったので買ったボート。

高級艇ですが、
当時はドルが安かったのです。

人間わからないもので、
その次の年からは
スラローム競技にどっぷりで、
1秒にしのぎを削ってはや10年。

いやはや、わからんものです。
 

KG1 from FUJITA CANOE

1993/6〜1998/?

当時高校2年生。
友達と高知県四万十川に
行ったときの写真です。

青春18きっぷ使って、
ムーンライト高知に乗って。

6日間くらいの旅行なのに
所持金が2万円以下だったなー

懐かしい思い出であり、
すべての始まりです。

Rodeo Boat
STAR from JACKSON KYAYAKS

2008/5〜

念願のロデオ艇!

中古で購入し、フィッティングも
C-1に換装しました。

さて、これで
「カヌーに行こう」
と思ったときの選択肢は増えたわけですが…

手元にあると、なかなか使わないのも現実です。
(そして、手放すと乗りたくなる)

 

G FORCE from DAGGER

2001/9?〜2005/5

C-1に改造して乗っていました。

スラの時間を確保するのがやっとのため
ほとんど乗っていませんでした。

そういうわけで手放してしまいましたが、
またロデオ艇も欲しいな、
と思う今日この頃。

思い立ったときに乗りたいのです。

なんかいいフネありませんかね〜。。。


COPYRIGHT (C) 2006-2011 KONDOKYOSUKE ALL RIGHTS RESERVED.